老眼鏡の多焦点レンズについて

多焦点レンズは、焦点が2つ以上あるレンズです。つまり、レンズの用途を2つ以上持たせた多目的なレンズといえるでしょう。 一般的なものとして、手元の近くを見る目的と遠くを見る目的を持たせた遠近両用レンズなどはこれにあたります。 また、多焦点レンズの場合は、二重(三重)焦点レンズと累進屈折レンズがあります。二重(三重)焦点レンズは、近くを見る部分と遠くを見る部分は、レンズの場所が分かれて入っています。累進屈折レンズは、遠くを見る用の度数から近くを見る度数まで連続的に変化させたレンズで、二重(三重)焦点レンズと違い、境目がなくすっきりした視界になるのが特徴です。 ペーパーグラスは、手元を見るために設計されていますので、多焦点レンズをお入れすることはできません。 詳しくは、以下を窓口にお問い合わせください。 【お問い合わせ先】 株式会社 西村プレシジョン 〒916-0019 福井県鯖江市丸山町3丁目5-18 TEL:0778-51-0127 (電話受付時間:10:00~18:00 土日祝日を除く)/ FAX:0778-51-7251