老眼(老視)チェック

About Presbyopia

正確には老視
ここでは老眼といいます。

「ポ」と「ボ」の文字
きれいに読めていますか?

小さい文字が読みづらくなってきたり、目にギュッと力が入ったら老眼のサインです。
本人は無意識でも、まわりの人には意外と気づかれているもの。
はじめてリーディンググラスをかけるのは、ちょっと勇気がいることですが、やせ我慢をしていても目が疲れるだけでいいことはありません。

ピントが合う距離が30cm以上の場合はそろそろ…。


一般的には、人差し指の指紋が見える距離(近点)が30cm以上離れると老眼鏡が必要と言われています。

  • 近点距離に対する目安年齢
  • ※目安年齢は、一般的に言われてる平均的なものです。あくまでも参考程度にご覧ください。
  • ※老眼鏡を必要と感じる近点までの距離には個人差があります。
  • 正確な視力を知るためには眼科での検診が必要ですが、このチェックでは近点距離を用いて、
    あなたに老眼鏡が必要かどうか、さらには使い方にあった目安度数をチェックをする方法をご紹介します。

    \ 簡単2ステップ /
    さあ、チェックしてみましょう!

    \ Step.1 /
    指先だけで簡単!近点距離チェック

    1)まず上図のように人差し指の腹を向けて目の直前にかざしてください。

    2)そして、人差し指を手前からどんどん遠ざけてください。

    3)人差し指の指紋がくっきり見えるところ(ピント)が合うところがあなたの「近点」です。

    cm ※半角数字

    \ Step.2 /
    見たい物までの距離をチェック!

    ご使用用途に応じた見たい物までの距離を選択してください。

  • ※老眼鏡を必要と感じる近点までの距離には個人差があります。
  • ※目の病気や左右の度数が大きく異なる方や、近視や乱視が強い方はこの方法では老眼かどうかチェック出来ません。眼科を受診して医師の診断を受けてください。
  • ※近視の方でも老眼鏡が必要になる場合があります。もし快適な距離で手元を見たい場合は、弱い近視用の眼鏡を老眼鏡として掛けるのがおすすめです。
  • 今までの老眼鏡の問題点を
    ペーパーグラスで解決