眼鏡(老眼鏡)の正しい扱い方 その2

■眼鏡を使用していないときの取り扱いは? きちんと折りたたみ、安全な場所で保管しましょう。 眼鏡は、人が踏み潰すことも考慮して作られていませんので、保管する場合は、安全な場所で保管しましょう。特に、寝る際に枕元などに置いた場合など、このような事態が発生する可能性が高いので、注意が必要です。 ペーパーグラスも薄く折りたためますが、人の体重に耐えうるように設計されておりませんので、大切にお取り扱いいただければと思います。その際、レンズを下にするとレンズに傷が入る可能性がありますので、専用ケースに入れるか、やわらかい布の上においていただくなどに注意していただけると長くお使いいただけます。