「しのみタイプ」と「テンプルチップタイプ」の特徴

ペーパーグラスの耳にかかる部分のパーツ(モダン)には、「しのみタイプ」と「テンプルチップタイプ」の2種類あります。

ここでは2種類の違いについてご説明します。

しのみタイプ

耳へフィットするカーブにより、ずり落ちにくく、長時間使用する方にオススメ

テンプルの先端が耳にフィットするようにカーブしています。そのため手元を見る時に下を向いても、耳に引っかかり鼻からずり落ちにくい構造が特徴です。

ずり落ちを気にせず、見る・読む・書くことに集中したい方におすすめです。

テンプルチップタイプ

優しいかけ心地で、かけ位置を調整しやすく、掛け外しが多い方にオススメ

ツルリとした樹脂製のテンプルチップにより、掛け外しや位置の調整もスムーズ。
長時間掛けていても気にならないほど軽やかな掛け心地。
髪を結んでいる人でも、掛け外しで髪型が崩れにくいのも嬉しい。

今までカスタマイズとしてお受けしてきたテンプルチップですが、ご好評いただいており「テンプルチップタイプ」として、カスタマイズ料金なしでお選びいただけるようになりました。
今後は「しのみタイプ」から「テンプルチップタイプ」へと順次移行していく予定です。
商品によってはお届けまでお時間をいただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

※すでにお買い上げ頂いているペーパーグラスをテンプルチップタイプに変更する場合は、今まで通りカスタマイズ料金がかかります。予めご了承ください。